新しいものづくりがわかるメディア

RSS


医療機関に「BONX」を1000台規模で無期限/無償貸与開始——新型コロナウイルスへの対応を支援

BONXは2020年4月3日、医療機関向けに、法人向けコミュニケーションアプリ「BONX for BUSINESS」とコミュニケーションデバイス「BONX Grip」を新型コロナウイルスの感染拡大が終息するまで無償で貸与すると発表した。

BONX for BUSINESSはスマートフォンを使用して、1ルーム当たり30人までの双方向同時音声グループコミュニケーションを可能とする。また、BONX GRIPは、スマートフォンと接続するだけで最大10人と同時通話できる音声コミュニケーションデバイスだ。

既に医療機関でも採用されており、昭和大学江東豊洲病院では、院内での緊急手術中における手術室と指令室間でのハンズフリーによるコミュニケーションに用いられている。

申し込みはBONXのウェブサイトから受け付けており、先着20医療機関限定で、1医療機関当たり最大50台のBONX Gripを無償で貸与する。それより後の申し込みについては、無償貸与台数は1医療機関当たり10台まで、11台目以降は有償で1台当たり月額2223円となる。なお、の貸し出しにはクレジットカードの登録が必要だ。

BONXは2014年に創業したスタートアップで、GREEN FUNDINGでのクラウドファンディング(2015年11月)を経て、2017年にBONX Gripを一般販売、翌2018年には法人向けサービスとしてBONX for BUSINESSを国内でスタートした。また、2020年1月には小型化/軽量化を図った「BONX mini」を発表している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る