新しいものづくりがわかるメディア

RSS


クリアファイルをフェイスガードに——大阪大学、新型コロナ対策「フェイスシールド」の3Dデータを公開

大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授、室崎修招へい教員らは、新型コロナウイルス対策として「フェイスシールド」を産学連携で開発、3Dデータを公開した。

photo

新型コロナウイルスへの対策として、検査や治療にあたる医療従事者が適切に防護具を使用することが重要だが、世界的にマスクなどの不足が問題となっている。中島特任教授らのチームは、ありふれたものを材料に、3Dプリンターで防護具が造形できれば、地球規模での課題解決につながると考え、メガネフレームメーカーのシャルマンと連携し開発に取り組んだ。

シャルマンの有するフレーム造形技術や経験と、クリアファイルをシールドに転用するというアイデアを結合させ、さらに大阪大学が有する最新のバーチャルエンジニアリング技術を駆使して、着想からわずか3日で、安価なフェイスシールドの開発に成功したという。

フレーム部分の3Dデータは、プロジェクトサイト上に公開済み。クリアファイルを装着して、シールドを完成させる手順も動画で公開する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る