新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Azul 3D、新型コロナ対応のため3Dプリンターでフェイスシールドを製造

3DプリンターメーカーのAzul 3Dは、新型コロナウイルスへの対策として、プラスチック製フェイスシールドを3Dプリントすると発表した。

新型コロナウイルスが世界で猛威を振るう中、各3Dプリンターメーカーも医療機器の不足に対処するため、その技術をいかして、医療用ツールを提供し始めている。

イリノイ州シカゴに拠点を置くAzul 3Dは、医療従事者を保護するために、3Dプリンターを利用して1台あたり1日1000個のフェイスシールドを製造するとツイートした。

同社は、2019年秋に光造形法の一種「HARP(High-Area Rapid Printing)」を採用したプリンターを開発した。プリンターの高さは13フィート(約4メートル)で、プリントベッドの大きさは2.5平方フィート(約0.76平方メートル)。スループットは1時間あたり0.5ヤード(約0.46メートル)で、このクラスでは最高を誇るという。

現在イリノイ州には、自宅滞在命令(stay-at-home)が出されているが、生産数を確保するために「必要不可欠」と認められたボランティアチームが6時間のシフトに就き、24時間体制でプリンターを稼働させる。

フェイスシールドは、丈夫なプラスチックヘッドバンド、透明のプラスチックシールド、ゴムバンドで構成する。同社はヘッドバンド部分を担当し、プラスチックシールドの提供は地元の工場も協力する。各パーツは消毒した後、組み立てやすいようにキット化して、地域の病院へ供給される予定だ。フェイスシールドは洗浄して再利用できる。

「HAAPは非常に高速かつパワフルなので、十分需要に応えることができる」とChad Mirkin取締役会長は語る。同社は速やかにプリンターを改良し、数カ月以内に週2万個の製造を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る