新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ゲームやリズムで楽しく計算——計算学習トイ「CreaCube」

スマート計算トイ「CreaCube」がKickstarterに登場し、人気を集めている。クラウドファンド開始後、わずか30分で目標額の調達に成功している。

photo

CreaCubeは、サウンドやLEDライトを使い、ゲームやリズムで楽しく計算が学べるカラフルなキューブ型デザインのスマートトイだ。

photo

各面には、3×3合計9個の数字が書かれたシリコーン製ボタンを配している。各面のボタンはレインボーカラーで統一し、1~9のレッドボタンを配した面が正面になる。各レッドボタンには計算記号や設定シンボルが描かれ、3秒の長押しで電源のオン/オフや難易度、ミュート、スリープモードなどの設定ができる。

photo

足し算、引き算、掛け算、割り算などの計算問題は英語の音声で読み上げられ、ボタンを押して回答する。単純な計算問題だけでなく、リズムに合わせて回答するゲームなども用意しており、退屈になりがちな繰り返しの計算学習が楽しくなる工夫が詰め込まれている。

photo

スマホのiOS/Android対応アプリとはBluetoothで接続。アプリからは、問題の作成、回答のチェック、スタディ分析などができる。また、問題を解くことでレベルを上げたり、世界中のユーザーとランキングを競うこともでき、ゲーム感覚で計算問題へのモチベーションを高められるとしている。

photo

CreaCubeは、今なら42%オフの数量限定早割価格69ドル(約7700円)で入手できる。本体の他、充電ケーブルとユーザーマニュアルが付属する。2020年5月の出荷を予定しており、日本への送料は30ドル(約3340円)だ。

CreaCubeは、2020年4月24日までクラウドファンディングを実施中。4月10日時点で、1000ドル(約11万円)の目標額を上回る約5000ドル(約54万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る