新しいものづくりがわかるメディア

RSS


六本木通り特許事務所、商標出願プラン「エンジェルラウンド」の対象をすべてのスタートアップに拡大

六本木通り特許事務所は、同社が提供するスタートアップ向け商標出願プラン「エンジェルラウンド」の対象企業を、すべてのスタートアップに拡大すると発表した。

エンジェルラウンドは、ベンチャーキャピタル(VC)からの資金調達によって露出が増える前に、サービス名を法的に保護することを目的とする商標出願プランだ。

2019年11月から、VCからの調達前のスタートアップを対象として提供してきたが、新型コロナウイルス対応の影響により、商標出願が後回しになることが懸念されるため、2020年5月6日までの期間、対象をすべてのスタートアップに拡大する。

photo

エンジェルラウンドの手数料は区分数ごとに定額となっており、1区分4万2400円から。事業説明内容の提出が条件となり、打ち合わせから3日以内に商標出願する。なお、事業内容によっては既存の依頼者との関係で請けることができない場合もあるとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る