新しいものづくりがわかるメディア

RSS


阪大発表の3Dデータで神戸デジタル・ラボが「フェイスガードフレーム」を制作、医療・介護現場へ寄付

神戸デジタル・ラボは2020年4月17日、「フェイスガードフレーム」を制作の上、医療機関や介護事業所へ寄付したと発表した。

元となったフェイスシールドのデータは、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授と室崎修招へい教員らが、新型コロナウイルス対策のためにメガネフレームメーカーのシャルマンと連携して考案し、4月1日に無料で公開したものだ。

これを受け、神戸デジタル・ラボの新事業創造係をはじめとするメンバーが、データを元に社内の3Dプリンターでフェイスガードフレームを制作。同月14日と16日には、同社と関系のある医療機関や介護事業所に対し、フェイスガードフレームに装着するフィルムのノウハウ資料とともに寄付した。

テレワークの進む同社よりも、医療や介護の現場で活用してほしいという願いから、今回の寄付につながったという。

フェイスシールドは一般的なクリアファイルをクリップ付きフレームに組み込むもので、フレームは3Dプリンターで作成できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 失われたニキシー管の製造技術を取り戻し、後世に残したい——「国産ニキシー管復活プロジェクト」
  2. CPUクーラーが内蔵できるPi4用ケース——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4用メタルケース」発売
  3. スイッチサイエンス、「Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード」発売
  4. 19.8×16.6mmのArduino——Arduino互換ボード「Minima」
  5. Raspberry Piで多彩な発光を制御——3面に8×8LEDマトリクスを搭載したキューブキット「LumiCube」
  6. 開発者向けオールインワンソリューション——ARスマートグラス「Mutrics ARiC」
  7. 指でマウスをクリックするよりも、80ミリ秒速く反応してゲームをプレイできるニューロコントローラー
  8. 指紋検出の仕組みを実装可能な薄型指紋センサー、スイッチサイエンスで販売
  9. 絶望と芸術のあいだ、3Dプリンターから爆誕した“もじゃもじゃ”写真を募集中
  10. 超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る