新しいものづくりがわかるメディア

RSS


阪大発表の3Dデータで神戸デジタル・ラボが「フェイスガードフレーム」を制作、医療・介護現場へ寄付

神戸デジタル・ラボは2020年4月17日、「フェイスガードフレーム」を制作の上、医療機関や介護事業所へ寄付したと発表した。

元となったフェイスシールドのデータは、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授と室崎修招へい教員らが、新型コロナウイルス対策のためにメガネフレームメーカーのシャルマンと連携して考案し、4月1日に無料で公開したものだ。

これを受け、神戸デジタル・ラボの新事業創造係をはじめとするメンバーが、データを元に社内の3Dプリンターでフェイスガードフレームを制作。同月14日と16日には、同社と関系のある医療機関や介護事業所に対し、フェイスガードフレームに装着するフィルムのノウハウ資料とともに寄付した。

テレワークの進む同社よりも、医療や介護の現場で活用してほしいという願いから、今回の寄付につながったという。

フェイスシールドは一般的なクリアファイルをクリップ付きフレームに組み込むもので、フレームは3Dプリンターで作成できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る