新しいものづくりがわかるメディア

RSS


阪大発表の3Dデータで神戸デジタル・ラボが「フェイスガードフレーム」を制作、医療・介護現場へ寄付

神戸デジタル・ラボは2020年4月17日、「フェイスガードフレーム」を制作の上、医療機関や介護事業所へ寄付したと発表した。

元となったフェイスシールドのデータは、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授と室崎修招へい教員らが、新型コロナウイルス対策のためにメガネフレームメーカーのシャルマンと連携して考案し、4月1日に無料で公開したものだ。

これを受け、神戸デジタル・ラボの新事業創造係をはじめとするメンバーが、データを元に社内の3Dプリンターでフェイスガードフレームを制作。同月14日と16日には、同社と関系のある医療機関や介護事業所に対し、フェイスガードフレームに装着するフィルムのノウハウ資料とともに寄付した。

テレワークの進む同社よりも、医療や介護の現場で活用してほしいという願いから、今回の寄付につながったという。

フェイスシールドは一般的なクリアファイルをクリップ付きフレームに組み込むもので、フレームは3Dプリンターで作成できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る