新しいものづくりがわかるメディア

RSS


阪大発表の3Dデータで神戸デジタル・ラボが「フェイスガードフレーム」を制作、医療・介護現場へ寄付

神戸デジタル・ラボは2020年4月17日、「フェイスガードフレーム」を制作の上、医療機関や介護事業所へ寄付したと発表した。

元となったフェイスシールドのデータは、大阪大学大学院医学系研究科の中島清一特任教授と室崎修招へい教員らが、新型コロナウイルス対策のためにメガネフレームメーカーのシャルマンと連携して考案し、4月1日に無料で公開したものだ。

これを受け、神戸デジタル・ラボの新事業創造係をはじめとするメンバーが、データを元に社内の3Dプリンターでフェイスガードフレームを制作。同月14日と16日には、同社と関系のある医療機関や介護事業所に対し、フェイスガードフレームに装着するフィルムのノウハウ資料とともに寄付した。

テレワークの進む同社よりも、医療や介護の現場で活用してほしいという願いから、今回の寄付につながったという。

フェイスシールドは一般的なクリアファイルをクリップ付きフレームに組み込むもので、フレームは3Dプリンターで作成できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  7. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  8. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  9. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  10. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る