新しいものづくりがわかるメディア

RSS


新型コロナウイルス感染症に対する医療活動を支援——フェイスシールド用フレームの無償提供を開始

SOLIZEは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的で、東京都医師会を通じて医療機関に対して医療物資の無償提供を開始した。第一弾として、生体適合性のある材料を用いてHP社製の3Dプリンティングソリューションで製作したフェイスシールド用フレームを無償で提供する。

今回提供するフェイスシールド用フレームは、東京都医師会からの要望を設計データに反映し、頭部形状に合わせられるようにアジャスター機能を追加。さらに、シールド部の透明部材の穴あけが不要になり、装着や交換が容易となった。

また、シールド部は各医療機関で調達する必要があるが、プラスチック板、OHPシート、クリアファイルなどのさまざまな種類の透明板を装着、交換可能とした。

同社は製品開発エンジニアを擁しており、部品設計や細かい要望に応じてデータを改良できるため、緊急性の高い医療従事者のニーズに対応できることが強みだ。今後は、フェイスシールドだけでなく、マスクなどその他必要とされる医療物資についても提供を検討するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る