新しいものづくりがわかるメディア

RSS


停電時に1時間以上給電可能——Raspberry Pi用UPS電源「Power Pi」

Raspberry Pi用UPS電源「Power Pi」がKickstarterに登場し、バッカーを募っている。

Power Piは、外部電源が失われた際にバッテリーから給電し、電圧が低下するとRaspberry Piを安全にシャットダウンする電源ユニット。これにより、停電時もシステムを稼働させることができ、電池切れによるシステムのクラッシュを避けることができる。

Power Pi
Power Pi

Power Piの定格入力は3.9V~14V DC、2A~3A。micro USBまたはねじ止め端子から給電し、ソフトスタート機能に加えて、過電圧保護、過電流保護、バッテリー保護回路が付いている。対応モデルはRaspberry Pi 2/3/3B+/4B。停電時は、Raspberry Pi 3B+の場合、バッテリーで1時間以上の給電が可能だ。

Power PiにはI2C通信機能があり、ソフトウェアでバッテリーや入力ステータスの監視も可能だ。また、「Node-RED」ソフトウェアを使えばグラフィカル表示もできる。電源監視やシャットダウン用のスクリプトなど、Power Piの実装に必要なファイルはGitHubで公開されている。

Power Pi

Power Piの価格は、12ユーロ(約1400円)。出荷は2020年8月の予定で、日本への送料は10ユーロ(約1200円)だ。なお、バッテリーは付属しないので、18650型リチウムイオン電池を別途調達する必要がある。

Power Piは1万ユーロ(約120万円)を目標に、2020年6月8日までクラウドファンディングを実施する。2020年5月6日時点で、約9500ユーロ(約110万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. リモート操縦可能でオートバランス機能を搭載した電動スクーター「Segway eScooter T」 #CES2021
  3. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  4. カメラなしでスマートホーム化、5種類のセンサーを備えたスマートセンサー「OVAL」 #CES2021
  5. ワイヤレスイヤホンと一体化したフェイスマスク「MaskFone」#CES2021
  6. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  7. A4サイズ/金属にも彫刻可能なレーザー加工機「Cubiio 2」がMakuakeに登場
  8. 3Dプリントで製作する通気性に優れた脊柱装具「Exos Armor」 #CES2021
  9. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  10. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る