新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レンズ交換可能な新型Piカメラ——CSマウント対応カメラモジュール「Raspberry Pi High Quality Camera」

Raspberry Pi Foundationは2020年4月30日、Raspberry Pi向けの新しいカメラモジュール「Raspberry Pi High Quality Camera」を発売した。

photo

従来の「Raspberry PiカメラモジュールV2」は、2016年4月の発売以降、現在までに170万個以上を売り上げるほどの人気を誇る製品だが、センサーサイズが比較的小さいために微弱な光に弱いことと、固定焦点タイプのために、利用範囲には限界があった。Raspberry Pi High Quality Cameraは、そうした課題に対処するため、センサーサイズを拡大し、レンズ交換に対応したのが大きな特徴だ。

イメージセンサーには、SONYの1/2.3インチ裏面照射型CMOSセンサー「IMX477」を採用。画素数は1230万画素で、ピクセルサイズは1.55×1.55μmだ。従来の1/4インチ800万画素センサー「IMX219」よりもサイズを拡大している。

photo

交換式のレンズマウントは、CSマウントを採用。付属の変換アダプターを使うことで、防犯カメラや工業用カメラなどのCCTV規格に対応するCマウントレンズも装着できる。焦点距離6mmのCSマウントレンズと、焦点距離16mmのCマウントレンズが同時に発売されている。

モジュールには、バックフォーカスの調整リングを搭載し、12.5~22.4mmの範囲で調整可能。三脚の取付穴も備える。

価格は、カメラモジュールと16mmCマウントレンズがそれぞれ50ドルで、6mmCSマウントレンズが25ドル。日本の正規代理店KSYからも購入可能で、カメラモジュールと16mmレンズはそれぞれ6000円、6mmレンズが3000円(いずれも税別)だ。

なお、従来のRaspberry PiカメラモジュールV2の販売は継続されるとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る