新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レンズ交換可能な新型Piカメラ——CSマウント対応カメラモジュール「Raspberry Pi High Quality Camera」

Raspberry Pi Foundationは2020年4月30日、Raspberry Pi向けの新しいカメラモジュール「Raspberry Pi High Quality Camera」を発売した。

photo

従来の「Raspberry PiカメラモジュールV2」は、2016年4月の発売以降、現在までに170万個以上を売り上げるほどの人気を誇る製品だが、センサーサイズが比較的小さいために微弱な光に弱いことと、固定焦点タイプのために、利用範囲には限界があった。Raspberry Pi High Quality Cameraは、そうした課題に対処するため、センサーサイズを拡大し、レンズ交換に対応したのが大きな特徴だ。

イメージセンサーには、SONYの1/2.3インチ裏面照射型CMOSセンサー「IMX477」を採用。画素数は1230万画素で、ピクセルサイズは1.55×1.55μmだ。従来の1/4インチ800万画素センサー「IMX219」よりもサイズを拡大している。

photo

交換式のレンズマウントは、CSマウントを採用。付属の変換アダプターを使うことで、防犯カメラや工業用カメラなどのCCTV規格に対応するCマウントレンズも装着できる。焦点距離6mmのCSマウントレンズと、焦点距離16mmのCマウントレンズが同時に発売されている。

モジュールには、バックフォーカスの調整リングを搭載し、12.5~22.4mmの範囲で調整可能。三脚の取付穴も備える。

価格は、カメラモジュールと16mmCマウントレンズがそれぞれ50ドルで、6mmCSマウントレンズが25ドル。日本の正規代理店KSYからも購入可能で、カメラモジュールと16mmレンズはそれぞれ6000円、6mmレンズが3000円(いずれも税別)だ。

なお、従来のRaspberry PiカメラモジュールV2の販売は継続されるとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る