新しいものづくりがわかるメディア

RSS


室内でできる赤外線シューティングゲーム——AI搭載ロボット「MaeGo」

プログラミングによる自律走行が可能なAIロボットカー「MaeGo」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

MaeGoは、LiDARやカメラ、リアルタイムの画像処理機能、ジャイロスコープを内蔵し、障害物を検知して回避しながら自律的に走行するAIロボットカーだ。

photo

赤外線センサーや圧力センサーも搭載しているので、IRガンやスポンジ弾を使って走り回るMaeGoを狙うシューティングゲームが楽しめる。ゲームのはじめはランダムな動きをしているが、一度撃たれたら狙撃を回避するように進路をとる学習機能も搭載している。撃たれて車体がひっくり返ったら、プレーヤーの勝利だ。

photo

車載カメラはARタグにも対応しているので、撃たれてもARタグを読み込んでライフを回復するなど、拡張性の高いゲームになっている。

photo

BlocklyやPythonを使ってコーディング可能で、車両のライトを点滅させたり、物体を追跡させたりと、遊びながらSTEMスキルも身につく。

photo

車両の大きさは150×114×82mmで、重さは360g。プロセッサーにはArm Cortex-A35とCortex-M4を搭載している。USBで充電し、駆動時間は約45分。色は、緑、黄、赤の3種類を用意している。

photo

付属のIRガンは、大きさが176×132×40mmで、重さが160g(電池を除く)。単4電池2本で動作し、射程距離は最大15mまで。

photo

特別早割価格は、車両とIRガン、ARタグがセットで129ドル(約1万4000円)から。出荷は2020年7月の予定で、送料は無料だ。

photo

MaeGoは、2020年5月28日までクラウドファンディングを実施中。5月12日時点で、5000ドル(約53万8000円)の目標額を上回る約1万6000ドル(約170万円)を集めて、プロジェクトを達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る