新しいものづくりがわかるメディア

RSS


屋内センサーデータへのリモートアクセスを可能に——マウザーがPimoroni製「PIM486 Enviro」の取り扱いを開始

マウザーは2020年5月14日、Raspberry Pi用ボード「PIM486 Enviro」の取り扱いを開始した。

同ボードは屋内モニタリング用に設計されており、温度や湿度、気圧、照度、ノイズレベルなどを精密に測定できる。収集したデータを外部サーバーで処理できるため、どこからでもリモートアクセスが可能だ。

搭載されたボッシュ製の湿度/気圧センサー「BME280」は低消費電力と省スペース性が重視される携帯アプリケーション向けに設計されており、温度、湿度、気圧の計測で高い直線性を実現する。

また、エミッターを内蔵した統合型I2Cデジタル照度/近接センサーであるLite-On製「LTR-559ALS-01」や、Knowles製MEMSマイク「SPH0645LM4H-B」も搭載している。

本体寸法は65×30×8.5mm。40ピン構成のRaspberry Pi全モデルと互換性があり、pHATフォーマットボードやPythonライブラリも備えている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る