新しいものづくりがわかるメディア

RSS


屋内センサーデータへのリモートアクセスを可能に——マウザーがPimoroni製「PIM486 Enviro」の取り扱いを開始

マウザーは2020年5月14日、Raspberry Pi用ボード「PIM486 Enviro」の取り扱いを開始した。

同ボードは屋内モニタリング用に設計されており、温度や湿度、気圧、照度、ノイズレベルなどを精密に測定できる。収集したデータを外部サーバーで処理できるため、どこからでもリモートアクセスが可能だ。

搭載されたボッシュ製の湿度/気圧センサー「BME280」は低消費電力と省スペース性が重視される携帯アプリケーション向けに設計されており、温度、湿度、気圧の計測で高い直線性を実現する。

また、エミッターを内蔵した統合型I2Cデジタル照度/近接センサーであるLite-On製「LTR-559ALS-01」や、Knowles製MEMSマイク「SPH0645LM4H-B」も搭載している。

本体寸法は65×30×8.5mm。40ピン構成のRaspberry Pi全モデルと互換性があり、pHATフォーマットボードやPythonライブラリも備えている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る