新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始

seeedは2020年4月30日、同3月にリリースした開発ボード「Wio Terminal」の技適マークを取得、国内販売を開始すると発表した。

photo

Wio Terminalは、120MHz駆動(最大ブースト200MHz)Cortex-M4コアを搭載するマイクロチップ「ATSAMD51」、2.4GHz/5GHzデュアルバンド無線LANとBLE 5.0に対応した通信モジュール「RTL8720DN」などで構成されている。

photo

本体には2.4インチのLCDスクリーンを搭載し、IMU「LIS3DHTR」、マイク、ブザー、microSDカードスロット、ライトセンサー、赤外線エミッタ(940nm)など備える。

photo

また、Seeedが開発する300以上のプラグアンドプレイGroveモジュールを接続できる多機能Groveポート×2や、Raspberry Pi互換の40ピンGPIOヘッダーもあり拡張性も充実。コンパクトな筐体にマグネットとマウント用の穴を備え、多様なIoTプロジェクトやアプリケーションに利用できる。

photo

ソフトウェアは、Arduino、MicroPython、ArduPy、AT Firmware、 Visual Studio Codeをサポートし、USB OTGにも対応する。

photo

他にも本体には、USB Type-Cポート、5Way スイッチ、パワースイッチ/リセットボタン、ユーザープログラマブルボタン×3を備える。バッテリーは非搭載だが、国内向けには電源SW付きのBattery Chassisを発売予定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る