新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2.4インチLCD搭載し、ArduinoとMicroPythonコンパチ——小型IoTモジュール向け開発ボード「Wio Terminal」国内販売開始

seeedは2020年4月30日、同3月にリリースした開発ボード「Wio Terminal」の技適マークを取得、国内販売を開始すると発表した。

photo

Wio Terminalは、120MHz駆動(最大ブースト200MHz)Cortex-M4コアを搭載するマイクロチップ「ATSAMD51」、2.4GHz/5GHzデュアルバンド無線LANとBLE 5.0に対応した通信モジュール「RTL8720DN」などで構成されている。

photo

本体には2.4インチのLCDスクリーンを搭載し、IMU「LIS3DHTR」、マイク、ブザー、microSDカードスロット、ライトセンサー、赤外線エミッタ(940nm)など備える。

photo

また、Seeedが開発する300以上のプラグアンドプレイGroveモジュールを接続できる多機能Groveポート×2や、Raspberry Pi互換の40ピンGPIOヘッダーもあり拡張性も充実。コンパクトな筐体にマグネットとマウント用の穴を備え、多様なIoTプロジェクトやアプリケーションに利用できる。

photo

ソフトウェアは、Arduino、MicroPython、ArduPy、AT Firmware、 Visual Studio Codeをサポートし、USB OTGにも対応する。

photo

他にも本体には、USB Type-Cポート、5Way スイッチ、パワースイッチ/リセットボタン、ユーザープログラマブルボタン×3を備える。バッテリーは非搭載だが、国内向けには電源SW付きのBattery Chassisを発売予定とのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る