新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始

B´fullは、マスク装着時の不快感を軽減する「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」の販売を2020年5月16日から開始した。

photo

3Dプリント製立体インナーは、布マスクや市販のプリーツ型マスクと肌の間に挟み込むように使用し、マスク装着時の不快感を軽減するための商品だ。

photo

使い捨てマスクの大半は立体的になる構造をしているが、長時間の装着、呼吸や汗などの影響により肌に張り付き、不快な気分になってしまう。肌との間に立体インナーを入れることにより、呼吸をしてもマスクが潰れず、マスクと口元の間に空間が出来るので、マスクをした時の息苦しさや喋りにくさが大幅に緩和される。 女性にとっては、口紅うつりが少ないのも魅力のひとつだ。

photo

PMMA(PVC-L)塗装済み完成品で、サイズはS/M/Lの3種類。Sサイズが95×91×50mm、Mサイズが104×100×54mm 、Lサイズが110×115×50mm。小売価格は780円(税抜き)。2020年5月22日より順次発送予定。マスクのアウター部分のみの販売で、フィルターや耳掛け紐は別途用意が必要となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る