新しいものづくりがわかるメディア

RSS


モンテッソーリ教育理念を取り入れた幼児向け知育玩具「Cody Block」

モンテッソーリ教育理念を取り入れた幼児向け知育玩具「Cody Block」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

Cody Block

モンテッソーリ教育とは、1907年頃にイタリア人の医師で教育家だったマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法。子どもは生まれながらにして知ることを強く求めており、思慮深く用意された環境の下であれば自発的に学び始める能力があるという考え方に立っている。教育環境の一部である教具にも、寸法、材質、外観などについて子どもたちの五感を柔らかく刺激するよう配慮されている。

Cody Blockは、この理念を取り入れてデザインされた知育玩具。木製の自動車Codyと、街を形作る木製のビルディングブロックから成る。子どもたちは、Codyが家を模したブロックまで帰れるように、右折、左折、Uターン、停止、繰り返しなどのビルディングブロックを正しい順序で並べる。

Cody Block
Cody Block

Codyはブロックで作られた街の中を進み、ビルディングブロックの前に来るとブロック指定の動作を行う。こうして、子どもたちは遊びながら「手で触って分かるプログラミング」を通じてコンピューター的思考の基礎を学ぶことができる。

Cody Block

Cody Blockの対象年齢は3歳以上。モンテッソーリ教育理念から着想を得たデザインのため、スクリーンやライトなど外部から見えるエレクトロニクスは一切ない。また、CodyはBluetoothやWi-Fiを使用せず、独自開発のRFID技術により、Cody内部に搭載されたアンテナでビルディングブロックに埋め込まれたRFIDタグを読み取って動作する。

Cody Block

Codyの大きさは134×86×85mmで、ビルディングブロックの大きさは40×40×160mm。Codyは単三電池4本で動作するが、セットに電池は含まれていないので別途用意する必要がある。

Cody Blockの価格は、Codyとビルディングブロック16個のセットが185スイスフラン(約2万円)。出荷は2021年1月の予定で、日本への送料は35スイスフラン(約3900円)だ。

Cody Blockは、2020年5月7日に、Kickstarterで目標額7万5000スイスフラン(約830万円)を上回る約8万9000スイスフラン(約980万円)の資金調達に成功。現在はIndiegogoで追加出資を募っており、2020年5月21日時点で合計約9万スイスフラン(約1000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る