新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Root、簡単に積算気温などが確認できる農業向け情報サービス「誰でもはたけシミュレータ」リリース

Rootが、機材やデータなどの事前準備不要で利用できる農業向け情報サービス「誰でもはたけシミュレータ」をリリースした。

同サービスは、アプリなどのインストールが不要で専用URLにアクセスするだけで利用可能。「データ表示」、「積算シミュレータ」、「積算気温の予測・通知」の3つの機能を提供する。

photo

データ表示は、任意の期間の平均気温や最高/最低気温、降水量、日照時間をグラフと表で表示する機能だ。申込時に選択した都道府県内の複数拠点のデータを利用できる。利用料金は年4800円だ。

photo

積算シミュレータは、平均気温、降水量、日照時間を対象にした積算シミュレータで、開花や収穫日の予測、目標収穫日から逆算した適切な種まき時期の判断などに活用できる。予想日の前日までは実績値を用い、それ以降は平年値を用いてシミュレーションする。利用料金は年3600円で、データ表示機能のオプションとして利用できる。

photo

積算気温の予測・通知は、実績値の積算気温が100℃積み重なるごとにメールで通知する機能だ。設定した目標積算気温に到達するまでの日数および到達予測日も確認できる。利用料金は年2400円で、こちらもデータ表示機能のオプションとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る