新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Idein、体温検知AIデバイスの販売開始——発熱の疑いがある人のスクリーニングを支援

Ideinは2020年5月22日、伊藤忠テクノソリューションズと共同で、汎用的なIoTデバイスを利用した体温検知AIデバイスの販売を開始した。新型コロナウイルス感染症など発熱を伴う感染症の感染拡大防止を支援する。

同デバイスはAIによる顔認識機能と表面温度の測定機能を併せ持つことが特徴だ。企業の受付や物流施設の出入口などに設置して、発熱の疑いのある人のスクリーニングを実施できる。

来訪者がデバイスの前(0.5m程度)で数秒間静止すると、非接触で体表面温度を計測できる仕組みを採用。マスクを着けたままでも測定できる。AIによる顔認識の機能も備えているため、受付担当者や警備担当者などが条件に該当する人物を容易に識別、特定できる。

体表面温度を計測するデバイスにはRaspberry Piを採用しており、大掛かりな設置工事は必要ない。AIによる顔認識で人物の顔部分の体表面温度を計測し、設置環境の外気温なども考慮して人物の体温を推定する。

デバイスの設置場所や対象者の画像データなど、検知情報を集約するクラウド型の管理システムも開発中だ。このシステムでは、検温結果をメールなどで通知できるため、オフィスの出入口を含め警備担当者が不在の場所にも設置が可能。2020年夏の提供を予定している。

価格は1デバイス当たり、初期費用が12万円(税別)からで、ランニング費用が月額8万円(税別)から、最小単位として50デバイスからの販売となる。初年度で200社への提供を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る