新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Idein、体温検知AIデバイスの販売開始——発熱の疑いがある人のスクリーニングを支援

Ideinは2020年5月22日、伊藤忠テクノソリューションズと共同で、汎用的なIoTデバイスを利用した体温検知AIデバイスの販売を開始した。新型コロナウイルス感染症など発熱を伴う感染症の感染拡大防止を支援する。

同デバイスはAIによる顔認識機能と表面温度の測定機能を併せ持つことが特徴だ。企業の受付や物流施設の出入口などに設置して、発熱の疑いのある人のスクリーニングを実施できる。

来訪者がデバイスの前(0.5m程度)で数秒間静止すると、非接触で体表面温度を計測できる仕組みを採用。マスクを着けたままでも測定できる。AIによる顔認識の機能も備えているため、受付担当者や警備担当者などが条件に該当する人物を容易に識別、特定できる。

体表面温度を計測するデバイスにはRaspberry Piを採用しており、大掛かりな設置工事は必要ない。AIによる顔認識で人物の顔部分の体表面温度を計測し、設置環境の外気温なども考慮して人物の体温を推定する。

デバイスの設置場所や対象者の画像データなど、検知情報を集約するクラウド型の管理システムも開発中だ。このシステムでは、検温結果をメールなどで通知できるため、オフィスの出入口を含め警備担当者が不在の場所にも設置が可能。2020年夏の提供を予定している。

価格は1デバイス当たり、初期費用が12万円(税別)からで、ランニング費用が月額8万円(税別)から、最小単位として50デバイスからの販売となる。初年度で200社への提供を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る