新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊

CQ出版は、郵便物仕分けマシンを作りながら機械学習アルゴリズムを学ぶ「ラズパイとカメラで自習 機械学習」を、2020年6月15日に発売する。

photo

本書は、月刊「Interface」2018年5月号特集「もくもく自習 人工知能」の内容を再編集、加筆してまとめたものだ。習うより慣れろの精神で、Raspberry Piとカメラを使って郵便物(新聞/チラシ/封筒)の仕分け装置を作り、プログラム作りを通して4種類の機械学習アルゴリズム(K-means、多層パーセプトロン、ロジスティック回帰、サポートベクターマシン)を体感することを目指している。

Raspberry Pi3モデルBやパソコンなどを用意して、著者提供の人工知能用Python電子ノート「Jupyter Notebook」を入手し、複数の体験サンプルによって機械学習を理解して行く。著者のWEBページ上の体験サンプルは、ハードウェアがなくても、Raspberry Piがあれば体験できるものも用意されている。 ただし、サンプルプログラムはRaspberry Pi3モデルBでのみ動作し、B+やPi4では動作しない。

著者は佐藤聖氏で、新書判240ページ。定価が1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る