新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊

CQ出版は、郵便物仕分けマシンを作りながら機械学習アルゴリズムを学ぶ「ラズパイとカメラで自習 機械学習」を、2020年6月15日に発売する。

photo

本書は、月刊「Interface」2018年5月号特集「もくもく自習 人工知能」の内容を再編集、加筆してまとめたものだ。習うより慣れろの精神で、Raspberry Piとカメラを使って郵便物(新聞/チラシ/封筒)の仕分け装置を作り、プログラム作りを通して4種類の機械学習アルゴリズム(K-means、多層パーセプトロン、ロジスティック回帰、サポートベクターマシン)を体感することを目指している。

Raspberry Pi3モデルBやパソコンなどを用意して、著者提供の人工知能用Python電子ノート「Jupyter Notebook」を入手し、複数の体験サンプルによって機械学習を理解して行く。著者のWEBページ上の体験サンプルは、ハードウェアがなくても、Raspberry Piがあれば体験できるものも用意されている。 ただし、サンプルプログラムはRaspberry Pi3モデルBでのみ動作し、B+やPi4では動作しない。

著者は佐藤聖氏で、新書判240ページ。定価が1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る