新しいものづくりがわかるメディア

RSS


デジタル工作機械向けにコンピュテーショナルデザインの基礎を学ぶ——彰国社、「コンピュテーショナル・ファブリケーション」発刊

彰国社は、コンピュテーショナルデザインの基礎を学ぶ入門書「コンピュテーショナル・ファブリケーション」を、2020年6月17日に発売する。

3Dプリンターなどのデジタル工作機械の広がりとともに、デジタルファブリケーションが注目を浴び、その影響はあらゆる領域におよんでいる。本書では、こうしたものづくりの変容のなかで求められるコンピュテーショナルデザインの基礎を学び、デザインとサイエンスをつなぐ豊かさや楽しさを味わうことができる入門書だ。

本書前編の「折る」では折紙の幾何学、可展面と曲率、テセレーションのデザイン、折紙メタマテリアルなど、後編の「詰む」では空間充塡、空間分割、立体トラス、3Dプリンティング、3Dアセンブリなどを解説している。

著者は田中浩也氏と舘知宏氏。A5判176ページで、定価が2400円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る