新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラトナ、CUDA-GPU×CuPy のインスタンスをエッジKubernetesコンテナで安定稼働

ラトナは、Kubernetesでフルクラスター化されたエッジインフラ環境において、CUDA-GPU×CuPy のインスタンスを安定的に稼働させたと発表、同環境上で同社のAI/IoTプラットフォーム「AION」マイクロサービスの稼働を確認した。

photo

同社では、クラウドから遮断されたクローズドなネットワーク環境で、Kubernetesでフルクラスター化されたNVIDIA Jetsonなどで構成されるインフラ環境を準備。そこで、CUDA-GPU×CuPyのインスタンスを、エッジKubernetes上のクラスタ上で安定的に稼働させるコンテナ稼働環境を整備した。さらに、同環境上で、同社のAI/IoTプラットフォーム「AION」のマイクロサービスランタイムコンテナ環境が安定稼働することを確認した。

今回開発したエッジAI、エッジコンテナオーケストレーション環境は、従来CPUに担わせていたデータ分析/統計解析計算をGPUに実行させ、GPUのコンテナランタイム環境を、エッジIoTデータと連携してリアルタイム化、安定化できるなどのメリットがある。それにより、エッジにおいて従来より大容量のIoTデータや画像データを、高速かつ安定的に処理できるとしている。

今回開発した技術は、製造ロボットやPLCから取得した大量のデータをリアルタイムで統計解析してその場で結果を得たり、製造ラインのビジョンシステムにおいて、より多くの画像データ/IoTデータを統合的にAI処理/統計処理することでその場で結果を得るといった活用を想定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る