新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VR視聴中の脳活動と視線の動きを同時取得——NeU、生体反応を計測できるVRデバイス「NeU-VR 1.0」を発売

NeUは、視線追跡と脳活動計測が同時にできるVRデバイス「NeU-VR 1.0」を開発し研究機関向けに販売を開始する。

photo NeU-VR

NeU-VR 1.0は、FOVEの視線追跡型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「FOVE 0」とNeUのNIRS脳活動計測センサー「HOT-2000」を組み合わせたものだ。

photo NIRS脳活動計測センサー「HOT-2000」

NeUとFOVEは、脳活動計測と視線追跡ができるVR HMDのコンセプトモデル「NeU-VR」を2018年に発表し、共同研究などのごく限られた範囲で提供してきた。その後多数の顧客から販売に関する問い合わせがあったために、今回の研究機関向け製品版の提供に至ったという。

photo

FOVE 0とHOT-2000に加え、視線計測用アプリケーションおよび脳活動計測用データロガーにより構成され、VR体験中の脳活動(前額部2ch NIRSセンサー)や心拍、視線追跡(視線占有率、瞬目、瞳孔径)の複数の生体データの同時計測が可能だ。

2020年6月から台数限定で販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る