新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムニホイールでぐるぐる動く——micro:bit搭載の「TechLabs TL1 SWARM Robotics Kit」

micro:bitで動く「TechLabs TL1 SWARM Robotics Kit」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

TL1 SWARMは、学校や課外活動での利用を想定し、EdTech(エドテック:教育×テクノロジー)およびSTEAM(科学、技術、工学、芸術、数学)分野のスキルアップを目的としたロボットキット。Micro:bitの特徴を活かして、低コストながら拡張性も備えている。

photo

レーザーカットした木製シャシーに、micro:bitマウント、オムニホイール×3、ギアモーター×3、単3電池ボックス、超音波センサーを搭載。さらに、入出力/メカニカル拡張スロット、サーボ/DC/ステッピングモーター用インタフェースを複数備えるので、手持ちのLEDやモーションセンサーなどを取り付けてロボットをカスタマイズできる。

photo

Bluetooth搭載で、スウォームまたはメッシュネットワークを利用した通信が可能だ。ロボットを組み立てる技術だけではなく、複数台のロボットを相互通信させ、アリの群知能ように動作させるといった課題を通じて、問題解決能力も身に付けることができる。

photo

MakeCodeの拡張ライブラリ、ブロックコーディングのサンプルも用意。3Dプリント用STLファイルも付属する。30時間のレッスン(英語、ドイツ語、フランス語)にも参加できる。

photo

早割価格は、micro:bit同梱版が110スイスフラン(約1万2000円)で、micro:bitが不要な場合は97スイスフラン(約1万700円)。出荷は2020年7月の予定で、日本への送料は20スイスフラン(約2200円)だ。教育現場向けに、カリキュラムやプレゼン資料を付属したクラスルームキットも用意している。2020年6月14日まで、2万スイスフラン(約220万円)を目標にクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る