新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムニホイールでぐるぐる動く——micro:bit搭載の「TechLabs TL1 SWARM Robotics Kit」

micro:bitで動く「TechLabs TL1 SWARM Robotics Kit」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

TL1 SWARMは、学校や課外活動での利用を想定し、EdTech(エドテック:教育×テクノロジー)およびSTEAM(科学、技術、工学、芸術、数学)分野のスキルアップを目的としたロボットキット。Micro:bitの特徴を活かして、低コストながら拡張性も備えている。

photo

レーザーカットした木製シャシーに、micro:bitマウント、オムニホイール×3、ギアモーター×3、単3電池ボックス、超音波センサーを搭載。さらに、入出力/メカニカル拡張スロット、サーボ/DC/ステッピングモーター用インタフェースを複数備えるので、手持ちのLEDやモーションセンサーなどを取り付けてロボットをカスタマイズできる。

photo

Bluetooth搭載で、スウォームまたはメッシュネットワークを利用した通信が可能だ。ロボットを組み立てる技術だけではなく、複数台のロボットを相互通信させ、アリの群知能ように動作させるといった課題を通じて、問題解決能力も身に付けることができる。

photo

MakeCodeの拡張ライブラリ、ブロックコーディングのサンプルも用意。3Dプリント用STLファイルも付属する。30時間のレッスン(英語、ドイツ語、フランス語)にも参加できる。

photo

早割価格は、micro:bit同梱版が110スイスフラン(約1万2000円)で、micro:bitが不要な場合は97スイスフラン(約1万700円)。出荷は2020年7月の予定で、日本への送料は20スイスフラン(約2200円)だ。教育現場向けに、カリキュラムやプレゼン資料を付属したクラスルームキットも用意している。2020年6月14日まで、2万スイスフラン(約220万円)を目標にクラウドファンディングを実施中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る