新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始

スイッチサイエンスは、M5Stackの「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」の販売を、2020年6月5日に開始した。

ATOM Echoは、ATOMシリーズをベースに設計されたプログラマブルなスマートスピーカーモジュールだ。

サイズは24×24×17mm、重量は10gで、ATOMシリーズと同様にGPIO×6(内4ピンはスピーカー、マイクと接続済み)やプログラマブルボタン×1、リセットボタン×1、赤外線LED、Grove互換コネクターを備えており、基板取り付け用のM2ねじ穴も同様に用意されている。

スマートフォンやタブレットを使用して、Bluetooth接続による音楽再生ができるほか、クラウドプラットフォーム(AWS、Google Cloudなど)にアクセスし、内蔵マイクとスピーカーを使用して、スマートスピーカーのような機能を作成可能だ。また、上部にはフルカラーLEDも搭載されており、接続状況などを表示できる。

工場出荷時にはBluetoothスピーカー用のファームウェアが書き込まれており、オーディオデータ転送にはA2DPプロトコル(着信は非サポート)を使用する。その他、主な仕様は以下の通りだ。

  • SoC:ESP-PICO-D4(240MHz デュアルコア、BLE 4.0、A2DP対応)
  • 対応Wi-Fi規格:2.4GHz(IEEE 802.11b/g/n)
  • フラッシュメモリ:4MB
  • RGB LED:SK6812
  • スピーカー:0.5W/NS4168 I2S
  • マイク:SPM1423 PDM

価格は1265円(税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PythonでI/O制御プログラミング——CQ出版が「エレキジャックIoT No.4」を刊行
  2. 3D造形モデリング時間を大幅に短縮——ストラタシスのフルカラー3DプリンターとKeyShot10が3MF形式で実現
  3. バルミューダ初のスピーカー開発秘話——入社初日で開発最前線に立ったエンジニア
  4. 50年前のオートバイ「スズキGT380」をミニマムデザインでカスタム
  5. Raspberry Piでドローンを飛ばそう——クワッドコプター組み立てキット「Clover」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. アイアンマン風ジェットスーツ、試験飛行に成功——徒歩25分かかる救助現場へわずか90秒で到着
  8. Autodesk、3Dプリント/3D CAD制作ソフト「Fusion 360」の新規エクステンション4種をリリースへ
  9. 3Dプリンターでフードデコレーション——フードエクストルーダー「Cakewalk 3D」
  10. ロボットやドローンにも搭載可能——ミリ波レーダーセンサー「RadarIQ」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る