新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世界に通じるものづくりベンチャーを育成する——東京都、「Tokyo Startup BEAMプロジェクト」公募開始

TAG

起業 政策 アクセラレータ

東京都は、東京から世界で通用するものづくりベンチャーを育成することを目指す東京都ものづくりベンチャー育成事業「Tokyo Startup BEAMプロジェクト」を開始した。都内の製造業事業者やベンチャーキャピタル、公的支援機関などが連携して、技術や資金、経営などのさまざまな側面からサポートする。

同プロジェクトは、製品開発などに対するプロジェクト支援費の提供やハンズオン支援によって短期間でアイデアを形にするための、ものづくりベンチャー向けのアクセラレータープログラムだ。プロジェクト支援費に関しては、機能試作段階と量産試作段階の2つのコースを用意。ハンズオン支援は、プログラムパートナーと連携して技術指導や機器利用、資金調達などの面から支援する。

具体的には機能試作段階のプロジェクトと量産試作段階のプロジェクトのそれぞれの枠で対象プロジェクトを公募。機能試作段階は法人および個人事業主が対象で、1件あたりの支援費上限が350万円、量産試作段階は法人のみで、支援費上限が1000万円となる。合計で12件程度を採択する予定だ。

公募は2020年7月31日までで同年10月上旬に対象プロジェクトを決定する。決定後は2021年7月までをプロジェクト支援フェーズ1とし、中間報告会をはさんで2022年4月1日までをフェーズ2として、それぞれプロジェクト支援を実施する。

2020年6月から7月にかけて合計3回、同プロジェクトの事業説明会を実施する予定だ。公募要領および応募書式一式は、同プロジェクトのWebサイトで入手できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る