新しいものづくりがわかるメディア

RSS


マスク装着による不快感を緩和、マスクに着ける立体インナーマスク改良版発売へ

B’fullが、立体インナーマスク「立体インナー:メイクキープフレーム」のフィット感向上バージョンの販売を開始した。

メイクキープフレームは、マスク装着による不快感を軽減するためのインナーマスクだ。マスクと肌の間にメイクキープフレームを挟むことで、口元に空間が生まれるため、呼吸をしてもマスクが潰れず、マスク装着時の息苦しさやしゃべりにくさを緩和できる。また、マスク装着による化粧崩れや口紅移りなどの問題の改善が可能となる。

今回発売のフィット感向上バージョンには、顧客からのフィードバックを反映。従来品は鼻への接触部分に隙間ができる点が課題だったが、本製品ではこれをフレームの形状変更により改善した。また、市販マスクと同じサイズ表記になるようサイズを再調整。さらに、フレームを細くするとともに、網目の凸凹加工を施すことで、マスクの肌への密着による不快感を軽減している。

フレームの素材には、洗って再度使える樹脂を採用(PP製)し、柔軟性やフィット感の向上を図った。フレーム自体は抗菌素材ではないため、使用後は洗浄や消毒などが必要だ。

「ふつうサイズ」「小さめサイズ」「こどもサイズ」の3サイズをラインアップ。ふつうサイズが104×102×57mm、小さめサイズが96×94×52mm、こどもサイズが87×85×47mmとなる。価格はいずれも880円(税込)。ふつうサイズは2020年7月22日に、小さめサイズとこどもサイズは8月初旬から発送する予定だ。

関連記事

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る