新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機械の仕組みがよく分かる——精巧合板キット「UGEARS STEM-LABシリーズ」

自分で組み立てて複雑なメカニズムを学ぶことができる合板キットUgearsの新モデル「UGEARS STEM-LABシリーズ」が、Makuakeで予約先行販売を開始した。

photo

Ugearsはウクライナのホビー会社で、2017年7月に中世ヨーロッパの弦楽器「Hurdy-Gurdy(ハーディ・ガーディ)」を合板キット化してKickstarterで約22万ドル(約2500万円)の支援を集めた実績がある。0.1mmの精度で合板をカットできるレーザーカッターを用いて精巧なデザインと機構を実現、Hurdy-Gurdyの他にも車や汽車、蒸気機関車などをはじめとするさまざまなキットを作成してきた。

photo

今回Makuakeに登場したのは、「ペンデュラム(振り子)」、「カウンター」、「ギアボックス」、「ディファレンシャルギア」の4種類のSTEM-LABシリーズだ。STEM学習向けの学習ツールとして、組み立てを通して動作原理を学ぶほかに、ARアプリで各部がどのように動くのかを見たり、メカニズム発明の歴史や原理を学べるスタディーガイドのダウンロードができる。

photo

ペンデュラムは、ラバーバンドの重力と張力による安定した振幅振動によって信頼性の高い時間測定が可能なメカニズムだ。メトロノームなどと同様に、各種の測定や音楽のトレーニングなどに利用されている。

photo

カウンターは3桁分の数値シリンダーを備え、ボタンまたはハンドル操作によって1つずつシリンダーの数値がカウントアップしていく機構だ。

photo

ギアボックスは、モーターからドライブシャフトへの速度とトルクを変換する変速機だ。本物の変速機のように1~3速、リバースやニュートラルギアを備える。

photo

ディファレンシャルギアは差動歯車装置とも呼ばれ、同じ車軸上にある駆動車輪が異なる速度で回転することで、車が滑ることなくターンさせることができるメカニズムだ。

リターンは、【早割15%off】ペンデュラム1個1870円、【早割15%off】カウンター1個1870円、【早割15%off】ギアボックス1個1870円、【早割15%off】ディファレンシャルギア1個1870円、【早割15%off】4種 SET 7480円 (いずれも税込)などが用意されている。

Makuakeではプロジェクト目標30万円のAll in型で、2020年6月18日時点で目標額を達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る