新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パズルを解いて論理的思考力を身につける——くもん出版、知育玩具「ロジカルロードメーカー」発売

くもん出版は、道つなぎパズルを通して楽しく論理的思考力、プログラミング的思考が養える知育玩具「ロジカルロードメーカー」を、2020年6月22日発売した。

photo

ロジカルロードメーカーは、スタートからゴールまでの道をつなぎ、ボールをのせたゼンマイの車を走らせて、スタートからゴールまで上手くボールを運べるかで答え合わせをするパズルだ。

使えるピースの数、種類、ゴールまでのピースがはまる方向や距離といった情報をもとにして、ピースの置き方を論理的に考えてパズルを解いていく。パズルを解き終えたら、ボールをのせたゼンマイの車を道の上で走らせて、スタートからゴールまで上手くボールを運べるか、答え合わせができる仕組みだ。道となるピースは5種類。付属の問題集には易しい問題から難しい問題まで全88問あり、親子で楽しむことができる内容となっている。

セット内容はベース4個(1組)、スタートピース1個、ゴールピース1個、ホイールローダー1台、短い直線ピース16個、長い直線ピース8個、交差ピース6個、曲線ピース6個、斜め曲線ピース4個、ボール3個、問題集1部。

パッケージサイズは23.5×34.0×8.0cm、重量900g。希望小売価格は、本体3500円(税抜き)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る