新しいものづくりがわかるメディア

RSS


声や動きで家電をコントロール——ホームオートメーションデバイス「Nature Remo 3」

Natureは、既存の家電を制御できるスマートリモコン「Nature Remo」の新型「Nature Remo 3」を2020年6月24日に発表した。同日オンラインで開催されたメディア向け製品発表会での概要を紹介する。

photo

Nature Remoは、既存の赤外線リモコン式家電をそのままに、スマートフォンやスマートスピーカーから制御できるIoT家電化するスマートリモコンだ。2020年5月からAmazon Echoとバンドル販売を開始するなど、2017年の発売以来着実にユーザーを増やしてきている。

photo

今回発表された第3世代製品となるNature Remo 3は、前モデルの基本機能を継承した上で小型化軽量化とセンシング性能の向上、オートメーションを高度化させている。また、Bluetooth Low Energy(BLE)対応によるデバイス連携も実現した。

photo Nature代表取締役CEO 塩出晴海氏

発表会の席上で、同社代表取締役CEOの塩出晴海氏は、特に人感センサーの動的センシング向上により、部屋に入ったら照明を点灯するといった、これまでは実現できなかった人の動きをトリガーとしたオートメーションが可能になることを紹介した。

photo

また、新たな機能であるBLE経由によるデバイス連携として、カーテン自動開閉機「めざましカーテン mornin’ plus」のサポートを紹介した。mornin’ plusは、既存のカーテンレールにワンタッチで取り付けるだけで、スマートフォンからカーテンの自動開閉が制御できるデバイスだ。Nature Remo 3と連携することで、スマートフォンやタイマー制御に加えて、人感センサーや環境センサーによる自動制御が可能になる。BLE連携は、今後対応製品を増やす予定とのことだ。

photo

同社はまた、家庭のコンセントに差し込むだけでエネルギーマネジメントができるデバイス「Nature Remo E」を販売しているが、Nature Remo Eと連携することで電力使用量をトリガーとしてエアコンをOFFするといったオートメーションも可能になる。

photo

Nature Remo 3の発売時期は、2020年7月中旬から8月上旬を予定しており、価格は9980円だ。現在8980円(価格はいずれも税込)の特別価格で先行予約を受け付けている。

photo

発表会の最後に塩出氏は同社の今後の事業計画に触れ、これまで取り組んできたホームオートメーション、エネルギーマネジメントの次のフェーズとして、2022年にNature Remoのネットワークを活用した「Virtual Power Plant」の実現を目指すとした。また、Nature Remoのターゲットユーザーをこれまでアーリーアダプターから、子育て世代やペットのいる家庭などへと広げ、今後数年で100万台の販売を目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る