新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nexa3D、販売パートナーシップの拡大を発表——四大陸にサプライチェーンを構築

Nexa3Dは2020年6月3日、アメリカ、ポーランド、ポルトガル、オランダ、ベルギー、南アフリカをカバーする新たな販売パートナーシップを発表した。

Nexa3Dが手掛ける代表的な製品は、産業向けのSLA(光造形)方式3Dプリンター「NXE400」だ。シングルビルドで最大19リットル分という、高い造形スピードが特徴だ。独自の潤滑剤サブレイヤー光硬化(LSPc)技術と構造化光マトリックスを採用することで、これまで数時間かかっていた機能プロトタイプや生産部品の作製時間を、数分に短縮するという。

今回新たにパートナーシップを結んだ企業のひとつであるアメリカBig Systems社長のJoe Jones氏は、「Nexa3Dの3Dプリンターはスピード、精密さ、オートメーションなどにおいて顧客の目標達成に大きく貢献するだろう。工場に高品質で次世代のスピードを提供できる、リーディングブランドの製品が加わることにとても興奮している」と、期待を込めて話している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  4. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  5. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  6. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  7. プラスチックの射出成形技術を応用し、高純度石英ガラスを製造するプロセスを開発
  8. インターステラテクノロジズが「ねじのロケット」の全面改良を完了
  9. 5G通信網を使ってスマホをワイヤレス充電——新しいミリ波ワイヤレス給電システムを開発
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る