新しいものづくりがわかるメディア

RSS


パチパチ拍手で場を盛り上げる——拍手ロボット「ビッグクラッピー 2020」

バイバイワールドは、拍手ロボットの最新版「ビッグクラッピー 2020」を発売した。

photo

ビッグクラッピーは、独自設計した柔らかい手を備え、人が近づくとさまざまな声を発しながら拍手することで、店舗の集客や場を盛り上げるロボットだ。

photo

店頭や会社、飲み会、誕生日会などのさまざまなシチュエーションの設定切り替えができ、声掛けの内容などを変化させることができる。また、スマートフォンと連携することで、色々なパフォーマンスを演じたり、オリジナルの発話を録音/設定したりもできる。

photo

今回の最新版では、三井化学と共同開発した人間の肌に近い感触のゲル新素材を用いた新しい手を搭載。音響テストによって人間の拍手により近い拍手音を再現したという。また各パーツの設計を一新し、耐久性や成型品質も向上させた。

photo

本体サイズは900×300×340mmで重量が7.7kg。電源はDC24Vで人感センサー(反応範囲約5m)を2個搭載する。スマートフォンとの連携はWi-Fiを使用する。価格はオープン価格だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る