新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應義塾大学SFC研究所、「ファブのあるまちづくり」をテーマに「FAB 3D CONTEST 2020」を開催

慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアムが、 STEM領域での実践的な経験の場として「FAB 3D CONTEST 2020」を開催する。

テーマは昨年同様「ファブのあるまちづくり」だ。SDGsやウィズコロナ社会、地域の課題解決とテクノロジーとを結び付け、ファブによって街の未来をより良くするモノ/コトづくりのアイデアを募集する。

個人部門とチーム部門の2部門で開催されるが、今年度のチーム部門は「オンラインチーム部門」として、全5回のセッションを通じたオンラインコラボレーション形式で実施する。両部門の参加対象者は共通で、小学生、中学生、高校生の個人(大学生、社会人は応募できない)となる。

個人部門は、Fabbleの応募ページをハッシュタグ「#fabcon2020s」をつけて作成することで応募できる。3Dプリンターなどのデジタル工作機械などを活用し製作した部分が含まれていることが必須条件となる。エントリー受付期間は2020年10月22日までで、同年10月下旬~11月上旬に審査結果が発表される。

オンラインチーム部門は、新しく出会う仲間と一緒にスキルアップしながら課題解決型ものづくりにチャレンジする「FAB QUEST:ファブクエスト」として開催される。困りごとを集めるアイスブレイクフェイズからアイデアをまとめる共有知フェイズを経て、グループ分けや解決方法の模索を通じ、アイデアを形にしながら取り組む。エントリー受付期間は2020年7月5日〜7月24日21時までで、応募は同日に公開される応募フォームから受け付ける。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る