新しいものづくりがわかるメディア

RSS


慶應義塾大学SFC研究所、「ファブのあるまちづくり」をテーマに「FAB 3D CONTEST 2020」を開催

慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアムが、 STEM領域での実践的な経験の場として「FAB 3D CONTEST 2020」を開催する。

テーマは昨年同様「ファブのあるまちづくり」だ。SDGsやウィズコロナ社会、地域の課題解決とテクノロジーとを結び付け、ファブによって街の未来をより良くするモノ/コトづくりのアイデアを募集する。

個人部門とチーム部門の2部門で開催されるが、今年度のチーム部門は「オンラインチーム部門」として、全5回のセッションを通じたオンラインコラボレーション形式で実施する。両部門の参加対象者は共通で、小学生、中学生、高校生の個人(大学生、社会人は応募できない)となる。

個人部門は、Fabbleの応募ページをハッシュタグ「#fabcon2020s」をつけて作成することで応募できる。3Dプリンターなどのデジタル工作機械などを活用し製作した部分が含まれていることが必須条件となる。エントリー受付期間は2020年10月22日までで、同年10月下旬~11月上旬に審査結果が発表される。

オンラインチーム部門は、新しく出会う仲間と一緒にスキルアップしながら課題解決型ものづくりにチャレンジする「FAB QUEST:ファブクエスト」として開催される。困りごとを集めるアイスブレイクフェイズからアイデアをまとめる共有知フェイズを経て、グループ分けや解決方法の模索を通じ、アイデアを形にしながら取り組む。エントリー受付期間は2020年7月5日〜7月24日21時までで、応募は同日に公開される応募フォームから受け付ける。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  2. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  3. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  4. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  5. micro:bitの初心者向けオンライン技術書「micro:bit 入門(v2対応)」、期間限定で無料配信
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  8. パナソニック、「Vieurekaカメラ スターターキット」発売——マルツと共立エレでオンライン限定
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る