新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ICT技術を取得してプロトタイプを開発——北陸大学、 「北陸大学ものづくりLab」オープン

北陸大学は、2020年度北陸大学特別研究助成金若手研究の採択を受けて、「北陸大学ものづくりLab」を新設、2020年7月7日に運用を開始する。

photo

北陸大学ものづくりLabは、データサイエンス、AI、IoTをはじめとした技術に触れる場を提供し、Society5.0時代に求められる「技術革新や価値創造の源となる飛躍知を発見、創造する人材」、「技術革新と社会課題をつなげ、プラットフォームを創造する人材」、「様々な分野においてAIやデータの力を最大限活用し展開できる人材」を育成する教育の場となることを目的としている。

photo

3Dプリンター、レーザーカッター、CNCフライスなどの工作機械を備えたものづくりに没頭できる場で、プログラミング、AI、IoT機器の開発などの技術を学び、プロトタイプ開発ができる場を目指している。

photo

経済経営学部の藤本雄紀助教が中心となり、同大学プログラミングサークルに所属する学生スタッフと共に、北陸大学の学生、職員、教員が自由に活用できる創造の場を目指し、開館していればいつでも自由に利用可能だ。

photo

今後は、他大学ならびに地域企業との連携拠点、地域市民との交流の場としても活用するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る