新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Preferred Networksの深層学習用スパコン「MN-3」、省エネランキングで世界1位に

アルチップ・テクノロジーズは、ディープラーニングプロセッサー「MN-Core」を搭載した計算機クラスター「MN-3」が、スーパーコンピューター省電力ランキング「Green500」で世界1位を獲得したと発表した。

photo

MN-Coreは、Preferred Networksと神戸大学が共同開発、アルチップ・テクノロジーズが開発支援したディープラーニングプロセッサーだ。800平方ミリメートルの巨大なLSIダイ4つをアルチップ・テクノロジーズ独自のチップ間インターフェース技術を用いて接続。1パッケージ内に実装した先端的なLSIだ。内部には512個の演算ブロックを搭載。ディープラーニングに最適化された行列演算回路を持ち、半精度の浮動小数点演算で理論上1ワットあたり1TFLOPSの電力効率を実現する。

photo

MN-3は、MN-Coreを計算アクセラレーターとして採用した深層学習用スーパーコンピューター。各計算ノードにはMN-Coreを4つ搭載。今回のGreen500向けの測定では、上記を40ノード、MN-Core160個を使用し1ワットあたりの計算速度21.11GFLOPSを記録した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る