新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サービスロボットの開発/運用を支援——MODE、月額サービスのロボット向けクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」発表

MODEは、サービスロボット開発時に必要な初期投資を抑え、ロボットの運用もサポートするクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」を発表した。

photo

MODE ROBOT CLOUDは、センサーデータの収集や車両からのデータ収集技術、また高頻度データの収集技術などを凝縮。通信できない場合のデータの到達保証もする。SDKを経由することでさまざまなロボットに接続でき、10ms~100msレベルの高頻度データにも対応。さらに5000台以上の同時計測も可能なスケーラビリティを有する。

photo

サービスロボットのステータスや位置情報、振動や湿温度、照度、人感センサーなどの各種センサーデータや、画像データなどの収集が可能。同社が提供するLinuxSDKやAndroidSDKを利用してROSやAndroidなどの基盤にインストールするだけでデータ収集を開始できる。製造現場や建設現場において中央集約装置がある場合は、同社のMODE IoT Gatewayを利用することでデータを一括収集することができる。

photo

その他に、ロボットのシステム構成や認証などの管理機能や、ロボットステータス監視とメンテナンスタスク管理機能、さらにサービスロボット開発のためのAPIなどを提供する。また、Rest APIによる外部連携や、データ分析、機械学習エンジンとの連携もできるなど外部拡張性にも優れる。

同基盤は月額料金制のサブスクリプション方式で提供される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る