新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サービスロボットの開発/運用を支援——MODE、月額サービスのロボット向けクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」発表

MODEは、サービスロボット開発時に必要な初期投資を抑え、ロボットの運用もサポートするクラウド基盤「MODE ROBOT CLOUD」を発表した。

photo

MODE ROBOT CLOUDは、センサーデータの収集や車両からのデータ収集技術、また高頻度データの収集技術などを凝縮。通信できない場合のデータの到達保証もする。SDKを経由することでさまざまなロボットに接続でき、10ms~100msレベルの高頻度データにも対応。さらに5000台以上の同時計測も可能なスケーラビリティを有する。

photo

サービスロボットのステータスや位置情報、振動や湿温度、照度、人感センサーなどの各種センサーデータや、画像データなどの収集が可能。同社が提供するLinuxSDKやAndroidSDKを利用してROSやAndroidなどの基盤にインストールするだけでデータ収集を開始できる。製造現場や建設現場において中央集約装置がある場合は、同社のMODE IoT Gatewayを利用することでデータを一括収集することができる。

photo

その他に、ロボットのシステム構成や認証などの管理機能や、ロボットステータス監視とメンテナンスタスク管理機能、さらにサービスロボット開発のためのAPIなどを提供する。また、Rest APIによる外部連携や、データ分析、機械学習エンジンとの連携もできるなど外部拡張性にも優れる。

同基盤は月額料金制のサブスクリプション方式で提供される。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る