新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make3Dプリント、「NXE400」による受託サービスにxABSとPPライク素材を追加

DMM.make3Dプリントは、産業用3Dプリンター「NXE400」を使用した受託サービスに、黒色のxABSと半透明のPPライク素材を追加した。

photo

Nexa3Dの「NXE400」は、「LSPc」と呼ばれる高速造形が特徴の産業用光造形方式3Dプリンターだ。DMM.make3Dプリントでは、NXE400による3Dプリントサービスを提供しているが、これまではグレー色のxGPP素材のみだった。

今回追加された素材のうちxABS素材は、ABS相当の強度、射出成形品と同等の品質と強度を持つ。インダストリアル用として活用できるほか、プロダクトやモックアップにも適している。

photo

PPライク素材は柔軟性を持ち、吸水しないので水を入れての使用が可能で、そのままプロトタイプや最終部品としても活用できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る