新しいものづくりがわかるメディア

RSS


単一の光チップでインターネット通信速度の世界新記録を達成——HD動画1000本が一瞬でダウンロード可能に

オーストラリアのモナシュ大学、スウィンバーン工科大学、ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT)の研究チームは、光チップ1個で44.2テラビット/秒というインターネットデータ通信速度を達成したと発表した。この速度で、ユーザーはHD動画1000本を瞬時にダウンロードできるという。

チームが使ったのは、マイクロ空洞共振器が生成する光周波数コム(光コム)を利用する「マイクロコム(micro-comb)」と呼ばれる光チップ。光周波数コムとは線スペクトルが等間隔に並んだレーザー光源のことで、マイクロコムを使ったデバイスは赤外線レーザー80本に相当する通信性能があり、既存の通信機器より小型軽量だとしている。

負荷試験は、研究室内ではなく76.6kmに及ぶ光ファイバ—をRMITとモナシュ大学のキャンパス間に敷設して行われた。このテクノロジーは、メルボルン内180万世帯の高速インターネット接続を同時にサポートする性能を備えているという。

RMITのArnan Mitchell特別教授は「これはデータセンター間の超高速通信にとって魅力的なものとなるだろう。その後、このテクノロジーが十分に低価格になり小型化すれば、世界中で一般向けに利用できるようになると考えられる」とコメントしている。

研究成果は、2020年5月22日付で『Nature Communications』に掲載されている。スウィンバーン工科大学のDavid Moss教授は「私がマイクロコムチップを共同で発明してから10年の間に、これは非常に重要な研究分野になってきた。超高帯域光ファイバー通信において、その性能が成果をもたらすのを目にすることができるのは、本当に素晴らしいことだ」と述べている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る