新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドローンパイロットエージェンシー、1億円の資金調達を実施——AI建物劣化診断サービスの機能強化を図る

ドローンパイロットエージェンシー(以下DPA)は、カクイチおよびサイバーエージェント・キャピタルが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資により、1億円の資金を調達したと発表した。

photo

DPAは、建物の外壁をドローンで撮影し、その画像分析によって構造物の劣化を診断する「AI建物劣化診断サービス」を展開。クラック(壁のひび割れや裂け目)を自動的に検出できるサービスだ。今後はクラックの幅や長さをAIで認識し表示させると共に、外壁の「浮き」の検知機能を拡充させる予定だ。

photo

今回の資金調達によって技術者を採用し、先般リリースした上記プロダクトの機能拡張、精度向上を目指して営業体制も強化する。

また、カクイチが行っているアグリ事業などにDPAのAI画像分析技術を活用することで、新たな事業領域の展開を検討している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開
  10. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る