新しいものづくりがわかるメディア

RSS


AIとScratchでアイデアを表現しよう——Google、小中学生向けコンテスト「キッズ AI プログラミングコンテスト」開催

Googleが、小中学生を対象にしたScratchとAIを使ったプログラミングコンテスト「キッズ AI プログラミングコンテスト」の募集を開始した。

photo

同コンテストは、「TM2Scratch」や「ML2Scratch」、「AIブロック by TechPark」といったAI拡張機能を搭載したコンテスト独自バージョンのScratchと、簡単に機械学習モデルを作成できるウェブベースのツール「Teachable Machine」を使って、プログラミングの革新性や完全性を競うものだ。

ユニークなアイデアで問題を解決する「イノベーション」、AIを上手く活用して高度な技術に臨む「チャレンジ」、そしてプロジェクトの「完成度」の3つのキーワードが審査基準となる。ファイナリストに選ばれると、Google社員によるファイナルイベントに向けてのメンタリングを受けられ、Googleロゴ入りグッズも授与される。

2020年7月13日から応募受付開始。同年8月31日に応募を締め切り、9月上旬にファイナリスト(約5グループ)を発表する。同年10月3日にはファイナルイベントとして、「Maker Faire Tokyo Online」内でオンラインでのプレゼンテーション審査と表彰式を行う。

応募は小学校1年生から中学校3年生なら誰でもでき、4人以下ならグループでの応募も可能だ。ただし応募は保護者が代理で行い、応募時に上記で挙げたTM2ScratchなどのScratchのバージョンを使ったプロジェクトのデモ動画を提出する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る