新しいものづくりがわかるメディア

RSS


OFSC、レシート記述言語「ReceiptLine」をOFSC標準として公開

オープン・フードサービス・システム・コンソーシアム(OFSC)が、レシート印刷等を伴うシステム開発を効率化するレシート記述言語「ReceiptLine」を、OFSC標準として公開した。

ReceiptLineは、小型ロール紙の出力イメージを表現するレシート記述言語だ。レシートプリンターによる紙のレシート印刷に加えて、POSシステムやスマートフォンによる電子レシートにも対応。レシートだけでなく外食伝票や取引伝票などのイメージを、用紙幅に依存せずにテキストデータによって簡潔に記述できるのが特徴だ。

従来レシートの表示や印刷を伴うシステム開発、保守、運用は専門知識と多くの工数を要していた。ReceiptLineを活用することで、専門知識がなくてもさまざまな接続性や運用形態に対応できるという。

OFSCでは今回、仕様書に加えて参照実装をオープンソースとして公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る