新しいものづくりがわかるメディア

RSS


より良い走り方を音声でリアルタイムにアドバイス——スマートシューズ「EVORIDE ORPHE」がMakuakeに登場

アシックスとno new folk studio(nnf)は、スマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」を共同開発、2020年7月21日にMakuakeでの先行予約販売を開始する。今回公開に先駆けて開催されたオンラインプレス発表会での情報を中心に紹介する。

photo

EVORIDE ORPHEは、独自のセンシング技術を用い、ランナーが履いて走るだけでランニング中の足の動きをデータ化し、ランナー個人の走り方の特徴を可視化するスマートシューズだ。

photo 発表会でEVORIDE ORPHEを紹介するアシックス 代表取締役 COO 廣田 康人氏

スポーツシューズの開発では、様々な走行データが研究されてきたが、一般のランナーの走行データを同じように解析したり、分析するような手段は、パーソナルコーチによる必要があったという。EVORIDE ORPHEによって、一人ひとりの体格や筋力、経験などによって違う走り方に対して、パーソナライズしたアドバイスが可能になる。

photo 技術仕様を中心に紹介するno new folk studio 代表取締役 CEO 菊川裕也氏

アシックスとno new folk studio(nnf)は2017年4月以降、歩行中や走行中の足の動きを計測できるスマートシューズの共同研究を進めてきた。2020年1月にラスベガスで開催されたCES 2020では、nnfのORPHE TRACKをアシックスのランニングシューズ「EVORIDE」に組み込んだプロトタイプを発表し、大きな注目を集めていた。今回発表されたEVORIDE ORPHEは、その製品版となる。

photo

EVORIDE ORPHEは、アシックススポーツ工学研究所が長年蓄積した膨大なランニングに関するデータと、nnfが得意とするフットウェアにおけるセンシング技術を組み合わせ、ランニング中の「音声によるリアルタイムフィードバック」、ランニング後の「走りの評価」、「足運びの指導、トレーニング方法の提案」を行うことで、ランナーを「よりよい走り方」へと近づけてくれるものだ。

photo

EVORIDE ORPHEに搭載されるセンサーは、nnfが開発した専用センサー「ORPHE CORE 2.0」で、⾛りの動きや振動、衝撃を検知する「加速度センサー」、⾜の向きや回転を検知する「ジャイロセンサー」を内蔵する。

photo

計測できるデータは、ランニング距離やラップタイムに加え、ランナー個人の走り方をペース/ストライド/ピッチ/着地パターン/接地時間/接地⾓度/着地衝撃などといった時系列データと⾜左右の平均値などとなっている。

photo

EVORIDE ORPHEは、nnfの持つ独自の計測、解析技術によって得られるセンシングデータと、アシックスが長年蓄積したランナーの走りの評価に重要な「路面反力データ」とを組み合わせる分析アルゴリズムにより、ランナーのランニングタイプや⾜運びの改善ポイントなどを算出、推奨トレーニングメニューをアプリ上に表⽰したり、⾛りながら一歩ごとという頻度でリアルタイムな⾳声アドバイスを提示できる。

photo

ORPHE CORE 2.0の主な仕様は、サイズが約29×45×14mm、重量約20g(片足あたり)、通信はBluetooth LEを採用し、1時間の充電で約7時間の連続稼働が可能だ。専⽤アプリの対応OSは、iOS 12 以降(iPhone 7 以降)、Android8.0以降となっている。

photo

シューズのサイズは、メンズが25.5~29cm、ウィメンズが23~26.5cm(共に0.5cm刻み)、カラーは、ブラック×ピュアゴールド、ホワイト×ピュアゴールドが用意されている。

Makuakeでのプロジェクトは、目標金額は300万円で、2020年10月18日まで実施する。EVORIDE ORPHE(センサキット付き)1セットが3万1500円(税、送料別)などとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る