新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、1.14インチLCDを搭載した開発モジュール「M5StickC Plus」発売

スイッチサイエンスは、開発モジュール「M5StickC Plus」を2020年7月20日に発売する。

photo

M5StickC Plusは、ディスプレイ付きではシリーズ最小の開発モジュールM5StickCの上位モデルとして開発されたもので、ディスプレイのサイズは1.14インチ(0.96インチ)、解像度は135×240(80×160)、バッテリ容量は120mAh(80または95mAh)@3.7Vへと向上しており、ブザーが追加されている。※()内はM5StickCの値。

photo

サイズは48.2×25.5×13.7mm、パッケージ寸法は65×27×15mm、総重量は21g。Wi-FiとデュアルモードBluetooth対応の240MHzデュアルコアマイクロコントローラーESP32、フラッシュメモリ4MB、6軸IMU:MPU6886や1.14インチカラーTFT LCD、IR赤外線送信機などを搭載する。ポートはUSB Type-C、GROVE互換(I2C+I/O+UART)を備え、既存のM5Stick用のHATやUnitファミリ製品が利用可能だ。開発プラットフォームはUIFlow、MicroPython、Arduino。想定アプリケーションは、IoT端末コントローラ、ウェアラブルデバイス、STEM教育製品、DIY工作などとしている。

価格は2200円(税込)で、スイッチサイエンスのウェブショップで販売する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. MIT、完全にフラットな魚眼レンズを開発
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. 3Dプリント品質は湿度が大切——最高70℃で乾燥できるフィラメントドライヤー「CYCLOPES」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売
  8. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  9. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  10. ネット環境不要でIoTを動作——「はじめてのAWS Greengrass開発キット(Jetson版)」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る