新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「CES 2021」はオンライン開催に——新型コロナの影響を考慮

全米民生技術協会(CTA)は、2021年1月上旬に予定されている世界最大級の家電エレクトロニクス見本市「CES 2021」が、オンラインのみでの開催となると発表した。

新型コロナウイルス感染症が世界中で懸念される中、数万人が安全にラスベガスに集結することは不可能との判断を受けての発表。オールデジタルであれば、すべてのテックコミュニティが基調講演やカンファレンスを通じアイデアを安全にシェアでき、世界中どこにいてもユニークで素晴らしい体験に参加できるとしている。

CTAは今、テックインダストリーにとってユニークな体験をデザイン中だ。世界のテックリーダーによる重大な発表やインサイトを最前列で触れられる完全オンラインカンファレンス、デジタル化したCESショーフロアで製品やサービスを探索できるプロダクトショーケース、ブランドとエンゲージできるミーティングとネットワーキング機能といったパーソナライズ体験をオファーする予定だ。

CESは50年以上にわたり、イノベーションのグローバルステージとなってきた。そしてCES 2021も引き続き製品発表をし、グローバルブランドとのエンゲージ、テクノロジー産業の未来を占うプラットフォームであり続ける。CES 2022はフィジカルとデジタル展示のベストエレメントを融合し、再びラスベガスで開催するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  2. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  3. ラズパイ4とロボット実機でROS2の勉強、オーム社「ScamperとRaspberry Piで学ぶ ROS2プログラミング入門」
  4. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  5. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  6. 独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「Jadelabo J1」
  7. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売
  8. 科学者ら、木材からバイオマスベースのプラスチック生成に成功
  9. 大型海藻を「エレベーター」に載せて栽培する手法を開発——4倍以上のバイオマスを産出
  10. 最大リーチ581mm——モジュラー構造の7軸ロボットアーム「AMBER B1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る