新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「CES 2021」はオンライン開催に——新型コロナの影響を考慮

全米民生技術協会(CTA)は、2021年1月上旬に予定されている世界最大級の家電エレクトロニクス見本市「CES 2021」が、オンラインのみでの開催となると発表した。

新型コロナウイルス感染症が世界中で懸念される中、数万人が安全にラスベガスに集結することは不可能との判断を受けての発表。オールデジタルであれば、すべてのテックコミュニティが基調講演やカンファレンスを通じアイデアを安全にシェアでき、世界中どこにいてもユニークで素晴らしい体験に参加できるとしている。

CTAは今、テックインダストリーにとってユニークな体験をデザイン中だ。世界のテックリーダーによる重大な発表やインサイトを最前列で触れられる完全オンラインカンファレンス、デジタル化したCESショーフロアで製品やサービスを探索できるプロダクトショーケース、ブランドとエンゲージできるミーティングとネットワーキング機能といったパーソナライズ体験をオファーする予定だ。

CESは50年以上にわたり、イノベーションのグローバルステージとなってきた。そしてCES 2021も引き続き製品発表をし、グローバルブランドとのエンゲージ、テクノロジー産業の未来を占うプラットフォームであり続ける。CES 2022はフィジカルとデジタル展示のベストエレメントを融合し、再びラスベガスで開催するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る