新しいものづくりがわかるメディア

RSS


今年はSDGsも評価基準に——自作ハードウェアコンテスト「GUGEN2020」が作品募集開始

プリント基板のネット通販「P板.com」を運営するピーバンドットコムが主催する、自作ハードウェアコンテスト「GUGEN2020」は、2020年7月29日に作品募集を開始した。

photo

GUGENは「ユーザーの問題を解決し、『未来のふつう』と成るであろう製品やサービスを、具現(GUGEN)化すること」を目指し、ハードウェアものづくり活動を推進する取り組みだ。

2013年から始まり今年で8年目。前身の「電子工作コンテスト」からは12年目となる恒例のMakerコンテストだが、今年も引き続き、新たなサービスや事業を生み出していくための「電子電機ものづくり」がテーマとなる。審査基準は、課題解決性や実現性、革新性、および意匠性で、特に持続可能な開発目標(SDGs)の視点も課題解決性の評価基準に加えられた。

photo 2019年大賞作品 「Planter」

昨年のGUGEN2019では、法政大学の関谷直任氏による家庭用発電機「Planter」が大賞を受賞。Planterは「電気をちょぴっと自家栽培」のコンセプトで開発された家庭用の小型風力タービンだ。世界的なエネルギー資源の枯渇が懸念される中、誰でも電気の自給自足を体感することで、環境に対する意識や取り組みを根付かせることができる作品だ。

photo 2019年大賞作品 「Planter」
photo 2019年優秀賞 「Wearbo – 布製ウェアラブルキーボード」

作品の応募条件は、オリジナルかつ未発表の作品であること、また、使う人や見る人に楽しさや便利さなどのメリットを提供できる作品であることだ。作品ジャンルは特に限定しない。

賞金等は、大賞が100万円相当(現金50万円+プリント基板等50万円相当)、優秀賞が20万円相当(現金10万円など他同上)、Goodアイデア賞10万円相当(現金5万円など他同上)などとなっている。

作品募集は2020年11月4日まで。例年実施している授賞式兼展示会は実施せず、同年12月に選考会および授賞式をオンラインでライブ配信する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ハンドル付きで持ち運びも便利——Raspberry Pi搭載タブレット「CutiePi Tablet」
  2. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  3. Raspberry Pi用電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi3」発売
  4. AI画像処理を組み込みできる——コンピュータービジョン開発キット「OpenCV AI Kit」
  5. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  6. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  7. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  8. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  9. Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」
  10. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る