新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STEAM教材開発のワンダーラボ、小学館から2.5億円の資金調達

ワンダーラボは、小学館を引受先とした2.5億円の第三者割当増資による資金調達を合意したことを発表した。

ワンダーラボは、STEAM教育領域で子ども向けデジタル教材の開発、運営を手掛けるスタートアップだ。思考力育成アプリ「シンクシンク」やSTEAM教育領域の通信教育「ワンダーボックス」などを提供している。

今回調達した資金は、主にプロダクトの開発体制の整備や人材採用、プロモーションに投資し、成長を加速させていくという。また、ワンダーラボと小学館の両社は、これまで子ども向け教材の監修やイベント共催などに取り組んできたが、今回の資金調達を機にさらに協業体制を強化する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る