新しいものづくりがわかるメディア

RSS


手をかざすだけでキーボード/マウス入力が可能——空中入力4方向のプログラマブルキーボード「クレイジースモールAirFT」がクラウドファンディングを開始

cooyou.orgは2020年8月から、空中入力4方向のプログラマブルキーボードであるクレイジースモールシリーズ第7弾「クレイジースモールAirFT」のクラウドファンディングをCAMPFIREで開始する。

クレイジースモールAirFTは、センサー上空を手でかざして横切ることで方向を検知させ、キー入力/マウスクリックできるキーボード(マウス)デバイスだ。4移動方向(上下左右)の検知が可能で、非接触/無音で操作できるのが特徴だ。標準のキーボード(マウス)として認識されるため、ドライバやアプリのインストールは必要ない。

対応OSはWindows、macOS、Linux、Android、iOSで、スマートフォンやタブレットはUSBホスト機能とOTGケーブルが必要となる。プリセットは3つあり、サイドの3つのボタンで切り替え可能。一つのプリセットの4方向に対して、それぞれキーを3つまで登録できる。センサー感度は、プリセットごとに3種類(低感度、中感度、高感度)設定可能だ。サイズは38×46×18mmで、重さは20gだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る