新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VR酔い防止の移動技術を開発するUNIVRS、約1億円の資金調達によりVR関連事業の拡大へ

VR技術やコンテンツを開発するUNIVRSが、総額約1億の資金を調達したことを発表した。これにて、融資額を含めた同社の調達総額は約2億円に達する。その資金をもって、VR関連事業の拡大を進めるという。

UNIVRSは、VR酔いを防止する移動技術を独自開発した企業だ。同社の技術では、 VRHMDとコントローラーのセンサー値からジェスチャー認識システムで身体の動きを検出し、VR空間の動きに反映させる。これにより、身体の動きとVR内での動きをリンクさせることで、酔いの軽減を図る。

今回資金調達した目的は、「アニメ、漫画などのIPコンテンツのVRゲーム化」「産業向けのソリューション開発」の2事業の拡大を進めることだ。

アニメ、漫画などのIPコンテンツのVRゲーム化では、アニメーションスタジオであるTRIGGERが制作するTVアニメ「リトルウィッチアカデミアVR」の開発を進めており、2020年の秋の発売を予定している。

一方、産業向けのソリューション開発に関しては、VR環境下で災害訓練や社内研修などを実施できる訓練シミュレーションVRのほか、新型コロナウイルスの影響で需要が高まっている「バーチャルイベントシステム」を開発しているとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る