新しいものづくりがわかるメディア

RSS


エヴァンゲリオン初号機/2号機/零号機をイメージ——「A.T.FIELD ダイヤル式温度調節はんだごて」が発売

角利産業は、A.T.FIELD EVANGELION WORKと白光がコラボレーションした「A.T.FIELD ダイヤル式温度調節はんだごて」を2020年8月7日に発売する。

同製品はアニメーション作品「エヴァンゲリオン」シリーズのエヴァ初号機/2号機/零号機をモチーフにしたはんだごてだ。本体のダイヤルを回すことで200~500℃までの温度調整が可能(温調器などは不要)で、作業に適した温度に調節できる。使用中は機体ナンバーロゴがLEDランプで発光し、温度変化を知らせる(温度上昇中は点灯、設定温度到達時は点滅、温度下降中は消灯)。

設定温度に達するのが早いセラミックヒータータイプを採用しており、ICなどのデリケートな電子部品のはんだ付けに適している。グリップからこて先までの長さが短く、鉛筆を持つような感覚で作業できるのも特徴だ。

外観/デザイン/内部構造を見直し、熱伝導率を高めたこて先を採用することで、消費電力を上げることなく強力な熱復帰率を実現した。こて先の材質には環境や人体に悪影響のある鉛を使用しておらず、鉛フリーはんだにも使用できる。

ダイヤルを外して温度を変更できなくするロック機能付きで、ロック状態で温度変更するためのロックキーが付属する。

寸法は約30×233×30mm、重量は約61g(こて先装着時、電源コード除く)。価格は8000円(税抜)だ。EVANGELION STORE(オンラインストア)や角の道具屋(角利産業直販楽天ストア)、全国の模型店、キャラクターショップ、ECサイトなどで順次取り扱う。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る