新しいものづくりがわかるメディア

RSS


非接触の世界でリアルな体験を——「YouFab Global Creative Awards 2020」が募集開始

「YouFab Global Creative Awards 2020」は、2020年8月1日から作品募集を開始した。

同コンテストは、2012年にFabCafeに集うクリエイター向けのコンテストとしてスタートしたアワードだ。クリエイターと社会がつながるグローバルなプラットフォームを目指している。

今回のテーマは「Contactless(by default)」。新型コロナウイルスの影響でコンタクトレスが標準となった世界において、どうやってその環境の中に人間性/身体性、あるいは「リアルな体験」を設計/デザインしうるのか、に焦点を当てており、体験を「コンタクトレス」という基軸から再設計し、再価値化できるかを問う。

カテゴリーは問わず、どのようなジャンルの応募も受け付ける。既に公開済みの作品や、現在進行中の作品、プロトタイプも応募可能だ。

グランプリには商品としてトロフィーと賞金2000ドル(約21万1600円)が、準グランプリにはトロフィーと1000ドル(約10万5800円)、学生部門賞として賞状と500ドル(52900円)などが贈られる。

また今回、特別賞として「NewHere賞」が創設された。ユーザー視点から新たなモビリティサービスの創出を目指す「NewHereプロジェクト」の一環として、移動することへの価値や可能性を問い直すアイディアを募集する。

募集期間は2020年8月1日から10月31日までで、12月中旬の一次審査結果発表、2021年1月上旬の最終審査結果発表を経て、2月上旬に授賞式が実施される予定だ。ロフトワークが運営するプラットフォーム(AWRD)を使⽤してオンラインで作品を募集し、写真や紹介動画、説明テキストのアップロードを受け付ける。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る