新しいものづくりがわかるメディア

RSS


事業会社×スタートアップ企業をマッチング——名古屋市、事業創出プログラム「NAGOYA Movement」募集開始

名古屋市は、スタートアップ企業の成長を促すため、オープンイノベーションによる事業会社との共創を促進するプログラム「NAGOYA Movement」を実施する。

photo

NAGOYA Movementは、スタートアップ企業と事業会社とのマッチング、その後の事業創出をサポートするプログラムだ。スタートアップ企業のさらなる成長を促すため、マッチング後の共創の成果をより高めるための事業会社向け共創ノウハウ習得プログラム、事業会社とスタートアップ企業とのマッチングプログラム、事業を創出するための伴走型支援プログラムを実施する。

photo

事業会社向け共創ノウハウ習得プログラムは、募集期間が2020年7月30日~9月7日。事業会社の募集社数は4~6社程度で、参加費用は無料。対象者は、本店所在地が東海地域(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)もしくは支店が名古屋市内にある企業。プログラム期間は、9月中旬~10月下旬(期間中に1日2時間程度、計6回程度)。

事業会社とスタートアップ企業とのマッチングプログラムは、募集期間が2020年10月下旬(予定)、プログラム期間が11月~2021年1月。

伴走型支援プログラムは、 マッチング発表会を2021年3月頃行い、プログラム期間が2021年1月~。

これらのプログラムを実施することで、スタートアップ企業と事業会社との共創のモデルケースを作り、スタートアップ企業の集積と創出に繋がるための、新たな「Movement」を生み出して行く。

事業趣旨及び内容説明などを行うNAGOYA Movementオンライン説明会を、2020年8月20日16時~17時30分に開催する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る