新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Braveridge、小型低消費電力GNSSモジュール「BVMGPS5605S」発売

Braveridgeは、GNSSモジュール「BVMGPS5605S」および同モジュールを搭載した開発ボード「FBV-EVK-GPS5605S」を、2020年8月20日に発売する。

GNSSモジュールBVMGPS5605Sは、ソニーセミコンダクタソリューションズのGNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載。11.0×7.5×1.85mmの小型設計で、かつ低消費電力のマルチGNSS受信モジュールだ。

1.575GHz-SAWフィルタと外付けLNA内蔵により高受信感度を実現。プログラムFLASHも内蔵した。同社独自の電源ノイズ耐性を向上させる設計を採用しており、GPS、GLONASS、SBAS、QZSS、BeiDou、Galileoに対応する。

同社では、見守りデバイスやウェアラブルデバイス、モニタリングデバイス、ヘルスケア製品、スマートウォッチ、デジタルカメラ、ドライブレコーダーなどの用途を見込んでいる。

photo 開発ボード「FBV-EVK-GPS5605S」

また、同GNSSモジュールを搭載した開発ボードFBV-EVK-GPS5605Sを、同社の新開発ボード「SonicBoard」シリーズの第1弾製品として発売する。SonicBoardシリーズは、デバイスの開発期間を短縮し、開発費を抑制することを目的として同社が新たに開発するボードだ。

FBV-EVK-GPS5605Sは、アンテナや電源回路、USBシリアル変換回路をあらかじめ搭載。インターフェースはUART/I2C/USBから選択可能だ。Bluetooth Low EnergyやLTE-M、Sigfox、Wi-Fiなどの各種SonicBoardと組み合わせることで、迅速にソフトウェア開発に着手できる。

また、GNSS衛星受信用に、同社独自開発のダイポールアンテナを組み込んでいる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 最高速度マッハ5以上——DARPA、極超音速巡航ミサイルの飛行試験に成功
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  4. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  5. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  6. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  7. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  8. Raspberry Piを使って味わい深いデジタルトイカメラを作ってみた
  9. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る