新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」

Arduino互換のLEDストリップコントローラー「Glo」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。LEDストリップを低価格で自由にコントロールできるようにするニッチなプロジェクトだ。

Glo

近年、エレクトロニクス部品のコストが下がり、LEDを使った電飾も安価に作れるようになった。しかし、従来のコントローラーのほとんどは、点滅パターンがプリセットされており、センサーを接続するなどのカスタマイズはできないという。

GloはATMega 328pベースの小さなボードでありながら、LEDチャネル×4、MicroUSBポート、5~12V電源端子など、LEDストリップのコントロールに必要なものはそろっている。また、ホール効果を利用して磁界を検出するホールセンサーも搭載していて、近接センサーのように使うことも可能だ。GPIO(アナログ×7、デジタル×6)ポートに外部センサーやモジュールを接続して、LEDをコントロールすることもできる。プログラミングはArduino IDEで行い、MicroUSB経由でアップロードする。

Glo
Glo

Gloの価格は、20ドル(約2100円)。出荷は2020年10月の予定だが、出荷先はアメリカ国内に限られている。

Gloは600ドル(約6万4000円)を目標に、2020年8月14日までクラウドファンディングを実施する。2020年8月7日時点で、約1000ドル(約10万6000円)を集め目標額に達成している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Arduino互換でカスタマイズできる——手のひらにのる犬型ロボット「Petoi Bittle」
  2. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  3. 研磨しやすいPLA——APPLE TREE、3Dプリンター用フィラメント「MODERA:PLA」発売
  4. Formlabs、大型造形可能な歯科用3Dプリンター「Form 3BL」と後処理用のアイテム2種を発表
  5. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  6. テクダイヤと久宝金属製作所、FFF方式3Dプリンター用0.1mm径ノズルを開発
  7. 両手がふさがっていてもスマホが操作できる——舌を使ったインタフェース「[in]brace」
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. キャリブレーション不要ですぐに使える——プロ用デスクトップ3Dスキャナー「Polyga Compact S1」
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る